読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nakura's Blog

主にアニメ記事を書いています。

【ダンまち】ファミリアクロニクルepisodeリュー 感想・ネタバレ

f:id:x-goblin:20170319092939j:plain
2017年の4月からめでたく放送が決まったアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ソードオラトリア)」に登場するリューの外伝が3月14日に発売されたという事で早速買ってきました!

結論から言うと買って良かったです。いやぁ〜、面白かったですね。バスで読んでいたのですが、ニヤニヤが止まりませんでした。

という事で今回は、スピンオフ作品「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー」の感想や、みどころを書いていこうと思います。

あらすじ

主人公は【疾風】リュー・リオン! ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。 

「アンナ・クレーズを買い取ったのは、『大賭博場(カジノ)』の人間です」 腕利きの元冒険者リューが働く『豊穣の女主人』で今日も騒動が起こる。 

とある夫婦の一人娘がさらわれたことを知り、正義(アストレア)の名のもとに調査を開始するリュー。 その先に彼女が辿り着いたのは――迷宮都市の治外法権、大賭博場。 

人の欲望が渦巻く黄金の都で【疾風】の轟きが巻き起こる! 「お前達、声を出しな! ここは笑って飯を食べてもらう場所さ! 」 そして少女達が酒場に集う始まりの物語も収録! 

ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動! 


一編の「グラン・カジノをぶっつぶせ!」では主にリューとシルが活躍。

二編の「そこは豊穣の酒場 ~Girl meets Girls~」ではリューと、クロエ、ルノアをはじめとする同僚たちとの過去などが描かれています。


一編の感想(微ネタバレ)と見どころ

f:id:x-goblin:20170321191354j:plain

とある夫婦の奪われた一人娘を取り返しに行くという内容の「グラン・カジノをぶっつぶせ!」ではリューだけでなく、意外なことにシルの活躍(無双)まで見ることができました。

シルに関してはアニメ放送時から実は女神フレイヤではないかと噂が流れるくらいミステリアスなキャラでしたが、この物語を読んでますます謎が深まっていきました。

それと、ドレス姿のシルさんが素敵すぎなんですよね。本人は気付かないようですが、ファミリアクロニクルの登場人物たちはみんな気づいていてますよ(笑)

そして、リューさん。物語序盤から結局、最後の最後まで自分の気持ち(ベル君への気持ち)に気付かないリューさんでしたが、少しばかりの心境の変化はあったみたいでした。最後にベルを稽古に誘う事ができて僕も何故か嬉しかったです。


見どころとしては

□本編の主人公であるベルの意外な行動

□恋心に気付かないリューさんの赤面シーン

などです。


二編の感想(微ネタバレ)と見どころ

ダンまち本編でも大活躍の「豊穣の女主人」。そんな「豊穣の女主人」の美貌と実力を兼ね備える店員たちの過去が明らかになった二編。

まず、店員のレベルと二つ名を紹介します。

◇リュー・リオン
f:id:x-goblin:20170326231536j:plain

二つ名 : 疾風

レベル : 4

その他 : アストレア・ファミリア


◇ルノア・ファウスト
f:id:x-goblin:20170326222742j:plain

二つ名 : 黒拳

レベル : 4

その他 : 元賞金稼ぎ、女神デメテルの眷属


◇クロエ・ロロ
f:id:x-goblin:20170326231602j:plain

二つ名 : 黒猫

レベル : 4

その他 : 元暗殺者、神ニョルズの眷属


◇アーニャ・フローメル
f:id:x-goblin:20170326231207j:plain

二つ名 : 戦車の片割れ

レベル : 不明(推定4〜)

その他 : フレイヤファミリアのレベル6ア ーニャ・フローメルの妹、フレイヤファミリア所属


◇ミア・グランド
f:id:x-goblin:20170326222901j:plain

二つ名 : 小巨人

レベル : 6

その他 : フレイヤファミリア元団長

はい。強すぎですよね。並のファミリアなんか比べ物にならない武闘派集団なんです。ミアに至っては、オラリア最大派閥であるフレイヤファミリアの元団長という衝撃の事実が判明します。

また二編では、前から気になっていた、「豊穣の女主人」の店員たちの過去が明らかになりました。

特に今回はリュー、ルノア、クロエにスポットが当てられており、それぞれの葛藤や夢、「豊穣の女主人」で働いている経緯など様々な事が明らかになりました。

正直、ダンまちで一番可愛いのは「豊穣の女主人」の店員達ではないかと改めて思いました。ほんとに素敵ですww

またミアのツンデレな優しさにも感動した回でした。最後に、みんなに「お母さん」と呼ばせるシーンは特にニヤニヤが止まりませんでした(笑)


見どころとしては

□豊穣の女主人の店員たちの可愛い絡み

□無骨な女主人ミアの優しさ

などです。

まとめ

今回の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー」は、本編から「豊穣の女主人」の店員たちが好きな僕しては嬉しい限りでした。

次巻のスピンオフでは誰が登場するのか、今から待ち遠しいです。


お買上げはこちらから↓

鉄血のオルフェンズの感動シーンと死亡シーンをまとめてみました

f:id:x-goblin:20170306003929j:image

2017冬アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」も、もうすぐ終わりをむかえるという事で、最近は非常にアツく毎話見る度に心が叫びたがっている状態です!

そして、何といっても「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」は物語が始まってから現時点(45話)でかなりのキャラが痛切な最後をむかえています。

という事で、今回は僕が不覚にも泣きかけた、泣いてしまった感動シーン(死亡シーン)をまとめてみました。

マサヒロ・アルトランド


f:id:x-goblin:20170305225449j:image

鉄華団の敵対組織ブルワーズのヒューマンデブリ(敵)として再開したマサヒロ(アキヒロ弟)が兄(アキヒロ)をカバい宇宙にちった第13話。

 

マサヒロの最後
f:id:x-goblin:20170305221443j:image
マサヒロ「面白い話聞いたんだ。知ってる?人間は死んでも魂が生まれ変わるって嘘みたいな話…」


f:id:x-goblin:20170305221527j:image
マサヒロ「ねえ兄貴分かった?ヒューマンデブリはこうやって死んで…」

 
f:id:x-goblin:20170305221543j:image
アキヒロ「分からねぇ、分かってたまるかよ!そう。お前がここで死んじまってもきっと生まれ変わって…」

 

f:id:x-goblin:20170305221738j:image

アキヒロ「生まれ変わって戻ってくるんだよ!俺たちの家に!」


f:id:x-goblin:20170305221828j:image

マサヒロ「生まれ変わりがホントか嘘かそれももうすぐ分かるよ…。先に確かめてくるね兄貴…兄ちゃん…。」

 

 

 鉄華団のお葬式
f:id:x-goblin:20170305222544j:image

名瀬「泣けよ。葬式ってのはな生きてるヤツらに思いっ切り泣くことを許してくれる場でもあるんだ。だからよ今日ぐらいは…」


f:id:x-goblin:20170305222611j:image

シノ「嫌です。格好よかった仲間を見送るってときに自分らがだせぇのは嫌です」

 
f:id:x-goblin:20170305230007j:image
団員「クッ」

 

 

・ヒューマンデブリは何も悪くない。悪いのは全部、社会だ。そんな理不尽を感じた回でした。

最初、ヒューマンデブリの闇をアキヒロにぶつけていたマサヒロが、最後にアキヒロを"兄ちゃん"と呼んだ瞬間は兄弟の愛を感じて嬉しかったですが、涙がこぼれました。

・自分の指示で仲間を死なせてしまい、悲しい想いをしていても、死んでいった仲間のために決して涙を見せない。シノや鉄華団の男らしさを感じたシーンでした。

 

 

フミタン・アドモス


f:id:x-goblin:20170305225624j:image

ノブリス・ゴルドンの略により、クーデリアの次女フミタンが死んだ第16話。後半から感じられたフミタンの心情変化が、行動にうつされた瞬間でした。

 

 フミタンの最後
f:id:x-goblin:20170305230440j:image

フミタン「嫌いだった。何も知らない…まっすぐなだけの…あなたの…眼差し…」


f:id:x-goblin:20170305230538j:image

フミタン「現実が見えたら…すぐ曇ってしまうものと…」


f:id:x-goblin:20170305230616j:image

フミタン「でもあなたは輝きを失わずここまで…あの本の…少女の…ように…」


f:id:x-goblin:20170305230716j:image

クーデリア「フミタン…?ねえフミタン返事をして…」

 
f:id:x-goblin:20170305230826j:image

ミカヅキ「クーデリア。もう行かなきゃ」
クーデリア「三日月。フミタンが返事をしないの。ねえフミタン」

 
f:id:x-goblin:20170305230914j:image
クーデリア「ダメよフミタンがここにいるのに。私行けないわ三日月」

 
f:id:x-goblin:20170305230937j:image

ミカヅキ「もう…フミタンじゃない」

 

 

フミタンとクーデリア
f:id:x-goblin:20170305231217j:image

フミタン「この絵…」

クーデリア「これはね革命の絵なの」


f:id:x-goblin:20170305231309j:image

クーデリア「絶望のなかでそれでも輝いた眼差しで前を見つめて…どうしたの?フミタン」


f:id:x-goblin:20170305231346j:image

フミタン「申し訳ありません。何かこの少女がまるで…まるで希望のように私には見えて…」


f:id:x-goblin:20170305231543j:image
f:id:x-goblin:20170305231518j:image

 


・現実を受け入れられないクーデリアにミカヅキが言った「もう…フミタンじゃない」という言葉や、

本を読みながら無意識に涙をこぼしたフミタンとの回想シーンに感極まり泣きそうになりました。

特に最後の回想で"革命の絵"と、クーデリアが重なった瞬間はかなり、ジンときました。

 

 

ビスケット・グリフォン


f:id:x-goblin:20170305232002j:image

カルタ・イシューからオルガを守り、参謀のビスケットが死んだ21話。放送日の2月28日は、全国ビスケット協会が昭和55年に作ったビスケットの日でした(関係ない…タブン)

 

ビスケットの最後

f:id:x-goblin:20170305233027j:image

オルガ「ビスケット」


f:id:x-goblin:20170305233034j:image

ビスケット(聞こえないよオルガ… 行かないと)


f:id:x-goblin:20170305233038j:image

ビスケット(まだこんなところで俺は…死ねない)


f:id:x-goblin:20170305233042j:image
f:id:x-goblin:20170305233046j:image

ビスケット(全部終わったら火星に帰ってクッキーとクラッカを…学校に入れて…またみんな一緒に…)


f:id:x-goblin:20170305233050j:image

ビスケット「オルガ…俺達で…鉄華団を…」

 


・「島を出たら話をしよう、俺達のこれからの事を。」倒置法(タブン)を使った文学的な死亡フラグを聞いた時々からそんな気はしていましたが、最終的にフラグは折れませんでした。

序盤から火星に残る妹たちの事を気にかける描写が多かった分、僕もかなり悔しかったです。

EDとともに火星の妹たちが出てきた瞬間はホントに泣きそうになりました。

 

 

カルタ・イシュー

f:id:x-goblin:20170305235302j:image

ビスケットを殺した憎っくき地球外縁軌道統制統合艦隊(笑)のカルタが鉄華団に決闘を挑むも、ミカヅキにぶち殺される第23話。

 

カルタの最後

f:id:x-goblin:20170305235020j:image

カルタ「マクギリス…助けに来て…くれた…のね…」

ガエリオ「ああ、そうだ。」

 
f:id:x-goblin:20170305234940j:image

カルタ「私は…不様だった…わね」

 
f:id:x-goblin:20170305235223j:image

ガエリオ「そんなことはない。お前は立派に戦ったよカルタ」


f:id:x-goblin:20170305234850j:image

カルタ「あり…が…とう」


f:id:x-goblin:20170305234756j:image

ガエリオ「カルタ…ゆっくり休むといい」

 


・最初に回想で、養子になったばかりのマクギリスにも平等に接しているカルタの姿を見て少しヘイトが抜けてしまいました。(根は良い奴だった)
また、瀕死の状態で助け出されたカルタがガエリオを「マクギリス」というシーンは胸が締めつけられるような想いになりました。このシーンのガエリオの気持ちを想うと泣きそうになります。ガエリオはこのアニメの中でもかなり可哀想なキャラです。

そもそも、これを仕組んだのはマクギリスですから…

 

 

アストン・アルトランド

 

f:id:x-goblin:20170305235919j:image

ガラン・モッサに騙され、ギャラルホルン(マクギリス)との戦闘中にタカキをかばって、アストンが死んだ第32話。

 

アストンの最後
f:id:x-goblin:20170306000517j:image

タカキ「嫌だ…嫌だ!俺はお前がいてくれたから今まで地球でやってこれたのに!」


f:id:x-goblin:20170306000705j:image

タカキ「火星を離れてフウカを幸せにしてやれるか不安で…」

 
f:id:x-goblin:20170306000848j:image

タカキ「だけどお前が隣にいてくれたから…友達になってくれたから!」


f:id:x-goblin:20170306000933j:image

アストン「俺は…違う。俺はお前に…フウカに出会わなければよかった」

 
f:id:x-goblin:20170306001011j:image

アストン「ヒューマン・デブリは感情なんて持ってたら生きていけない。仲間が殺されても悲しんでたら潰される。俺達は自分の心を殺して生きてきたんだ。」

 
f:id:x-goblin:20170306001131j:image
アストン「なのに…なのに…。本当に…お前らに出会わなければよかった」


f:id:x-goblin:20170306001238j:image

アストン「死にたくないって思いながら死ななくちゃいけないんだからな」


f:id:x-goblin:20170306001319j:image

アストン「でも…ありがとう」


・「一緒に帰ろう」「約束だ」など、わりとフラグを立てていたのでそんな気もしていましたが、やはり逝ってしまいました。

アストンは序盤から、自分をヒューマンデブリ(自分の命に無頓着)として見ていて、タカキはそれをよく思っていない。そんな描写が多かった分、アストンの最後の言葉は本当に嬉しかったし、悲しかったです。アストンもいろいろ葛藤があったのだと思います。

 

 

名瀬タービン、アミダ・アルカ


f:id:x-goblin:20170306003252j:image

 イオク・クジャンとジャスレイ・ドノミコルスの謀略により、ギャラルホルンから違法組織に認定されたタービンズ。そんなタービンズを守るために、ギャラルホルンの攻撃(違法兵器)をうけ、名瀬の兄貴とアミダの姉貴が亡くなられた第40話。

 

アミダの姉貴の最後
f:id:x-goblin:20170306053547j:image

(名瀬…見せてやるよ。とびっきりの輝きを)
f:id:x-goblin:20170306053622j:image
f:id:x-goblin:20170306054017j:image
f:id:x-goblin:20170306054021j:image

 

名瀬の兄貴の最後
f:id:x-goblin:20170306060448j:image

(見えたぜアミダ)


f:id:x-goblin:20170306060547j:image

(一人じゃ逝かせねぇ。そうだろ?アミダ)

f:id:x-goblin:20170306061324j:image

(女は太陽なのさ。太陽がいつも輝いてなくっちゃ男って花はしなびちまう)

 
f:id:x-goblin:20170306061514j:image

 (いつも笑っていてくれよアミダ。強く激しく華やかに笑っていてくれ。そうすりゃ俺はどんな時だって顔を上げることができる)

 
f:id:x-goblin:20170306061552j:image

(お前って太陽に照らされてりゃあ俺は…)

 
f:id:x-goblin:20170306061741j:image
f:id:x-goblin:20170306061713j:image

 

 

・後半、アミダさんと心を通わせていた名瀬さんの姿。そして、二人の死は衝撃的で本気で泣いてしまいました。最後まで名瀬さんらしいセリフで、本当にカッコ良い兄貴でした。

それと演出に全く詳しくない僕(素人)の個人的な意見ですが、演出がとても上手かったと思います。BGMと鉄華団、タービンズの泣いてる姿だけを見せ、最後にオルガの震え声で「兄貴」とだけ聞かせそのままEDを流す。神か!!

 

 

ラフタ・フランクランド

 

f:id:x-goblin:20170306064451j:image
ジャスレイ・ドノミコルスが鉄華団を挑発する為だけに刺客を放ち、その刺客の凶弾によって命を散らされたラフタ。 

 

ラフタの最後
f:id:x-goblin:20170306064015j:image

ラフタ「へえ~かわいいじゃん」


f:id:x-goblin:20170306064121j:image

ラフタ「目つき悪っ。なんか似てるかも」

 
f:id:x-goblin:20170306064149j:image

ラフタ「すみません、これください」

 
f:id:x-goblin:20170306065147j:image


f:id:x-goblin:20170306064238j:image

アジー「あぁ…ああ‥ラフタァーーーーー」


f:id:x-goblin:20170306064326j:image

 

 

・正直、二週連続はキツかったです。人形にアキヒロを重ねて、あんなに優しい目をしていたのに、現実は本当に理不尽です。よくもラフタを…

僕の身勝手な想いではありますが、あのままアキヒロと二人で幸せになってほしかった。そんな気持ちがずっと、心にあります。

今回の一件で視聴者に与えた悲しみや怒りは莫大で、"ラフタショック"や"ラフタ追悼の会"という言葉が生まれたほどです。

 

 

ノルバ・シノ


f:id:x-goblin:20170306070008j:image

 鉄華団の中心メンバー、シノがラスタルの命を狙い、決死の覚悟で挑むも志半ばで果ててしまう第45話。

 

 シノの最後
f:id:x-goblin:20170306071543j:image


f:id:x-goblin:20170306071745j:image

オルガ「シノォォォォーーーーー」

f:id:x-goblin:20170306071552j:image


f:id:x-goblin:20170306071752j:image

 (外れる…)


f:id:x-goblin:20170306071637j:image

シノ「くそ!!くそがぁぁーーー!!!!」
f:id:x-goblin:20170306071644j:image

シノ「ちっくしょぉぉーーー!!!!」


f:id:x-goblin:20170306071702j:image

ヤマギ「ハッ…」


f:id:x-goblin:20170306071708j:image
f:id:x-goblin:20170306071654j:image
f:id:x-goblin:20170306071718j:image

 


46話の回想にて
f:id:x-goblin:20170306072726j:image

シノ「なあ。やっぱヤマギってよぉ。俺のこと好きなんかな?」


f:id:x-goblin:20170306072757j:image

ユージン「はあ?何言ってんだよお前。今更か」


f:id:x-goblin:20170306073138j:image

シノ「いやそうかな~とは思ってたけど俺ら家族だろ?身内でどうとかピンとこなくてよぉ」


f:id:x-goblin:20170306073218j:image

シノ「ほんといろんな奴がいるよなここは。気負い過ぎてガチガチの団長にヘタレが抜けきれねぇ副団長。何考えてっか分かんねぇ狂犬みたいな奴や筋肉バカや」

 
f:id:x-goblin:20170306073100j:image

シノ「俺みてぇなのを好きになってくれる物好きもいてよぉ。いろんな奴がいるここが俺は好きだ。守りてぇよ鉄華団を』」

 

※回想終わり。


f:id:x-goblin:20170306072859j:image

ヤマギ「シノがいない場所で生きてくぐらいなら一緒に終わりたかった」

 

f:id:x-goblin:20170306072930j:image

ヤマギ「そんなこと言ったらシノはきっと怒るね」

 

 

・ただ、ただヤマギワが切なすぎる。そんな46話でした。特に、最後の包帯が散る瞬間は本当に切なく、涙がこぼれました。

また、命懸けの攻撃を失敗したシノの悔しさを考えると本当に胸が苦しかったです。

唯一の救いはシノが鈍感野郎ではなく、ちゃんとヤマギの想いに気づいていた事です。ユージンがヤマギに伝えてた一言で、ヤマギもきっと救われただろうと、勝手に思っています。

 

 

まとめ

はじめに、僕を褒めてほしいです(笑)

初見でないにも関わらず、死亡シーンなどを見直していると自然と涙がこぼれてきます。今もとても、感傷的な気持ちです。

まとめてみて改めて感じたことですが、アキヒロ・アルトランド周りの人間たちが死にすぎて本当に悲しいです。ただでさえ悲しい人生を歩んできたのに、仲間ができてもこんな想いをするなんて…

そして、もう一つ感じたことですが、自分は「鉄血のオルフェンズ」というアニメをぜんぜん分かっていなかったという事です今も全ては分かっていませんが、この記事をとおして、「鉄血のオルフェンズ」のキャラ達の事を少しは理解できたと思っています。特にヤマギの想いに気付いたのは二期の後半からと遅く、とても申し訳ない気持ちです。

「鉄血のオルフェンズ」はバトルアニメですが、感動アニメと言っても過言ではないくらい泣けるシーンの多いアニメでした。

 

 

この機会に鉄血のオルフェンズを観る

 

↓U-NEXTで鉄血のオルフェンズを観る

U-NEXTには31日間無料体験があるので、とてもオススメです!(※U-NEXTには配信期限があります)

鉄血のオルフェンズを<U-NEXT>でみる

 

↓Amazonプライムビデオ&コミックはこちらから

2月の「運営報告」(笑)

f:id:x-goblin:20170301222157j:plain

こんにちは、奈倉です。

全く関係ない話ですが、上の画像は「北斗の拳」にでてくる"ハート"というキャラで、どんな攻撃も腹の脂肪で包み込む「拳法殺しの肉体(笑)」を持っていますww。もちろん、ケンシロウには破れます

失礼しました。それでは、2月の運営報告をしていきたいと思います\(^o^)/

運営報告(笑)

PV(Analytics)

■10831(↓14842



読者数

■47(↑10



フォロワー

■152(↑35


一人反省会

反省点は、資産型の記事が圧倒的に少ないという事です。今までPVを稼いでくれていた「オカルティックナイン」の記事も最近では、ほとんど読まれていません。アニメはやはりトレンドなのだと改めて感じました。今後の方針を考えていく必要がありそうです。

もう一つの反省点は、記事の投稿数が少なかった事です。テスト期間という事もあり←言い訳 今月は、先月の運営報告を除くとリライトと再投稿くらいしか、していないので記事の投稿数を上げる必要性を感じました。


まとめ

正直、思わしくない結果でした。1万PVをきらなかったのが唯一のすくいです(泣

この1万PV分が多分、僕の資産だと思うのでこれからはもっと資産になるような記事を増やしていきたいです。

それと、2月には不合格だった、Googleアドセンスに今月こそ合格したいです。いえ、してみせます(笑


という事で以上、2月の運営報告でした

余談ですが、先日発売された魔法科高校の劣等生21巻では新キャラの登場もあり、めちゃくちゃ面白かったです。

過去に観たアニメを一覧に。

f:id:x-goblin:20170307040257j:plain

単純な好奇心からですが、今まで観てきたアニメを五十音順に一覧にしてみました。(完走予定有り)

個人的にバトル系、ファンタジー系のアニメが好きなので一覧に偏りがあると思います。

まだまだ面白いアニメが沢山あると思うので、ここに入っていないオススメのアニメがありましたら、ぜひ教えてください!(3月7日 更新)


アウトブレイク・カンパニー
蒼き鋼のアルペジオ
青の祓魔師
青の祓魔師 京都不浄王編
アオハライド
赤髪の白雪姫1stシーズン
暁のヨナ
アカメが斬る!
AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-
アクセル・ワールド
亜人
あそびにいくヨ!
ACCA13区監察課
あの夏で待ってる
あの日見た花の名前を僕達はまだしらない。
アブソリュート・デュオ
天城ブリリアントパーク
アルカナ・ファミリア
アルスラーン戦記
アルスラーン戦記 風塵乱舞
ALDNOAH ZERO ー アルノドア・ゼロ ー
UNーGO(アンゴ)
暗殺教室
ISUCA ーイスカー
いちばんうしろの大魔王
一週間フレンズ
犬とハサミは使いよう
妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)
異能バトルは日常系のなかで
IS〈インフィニット・ストラトス〉1
IS〈インフィニット・ストラトス〉2
うしおととら
うたわれるもの 偽りの仮面
Angel Beats!
ALL OUT!!
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-
織田信奈の野望
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。2
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
終わりのセラフ
オーバーロード 
ガウリールドロップアウト
CHAOS;HEAD
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
学戦都市アスタリスク
学戦都市アスタリスク2nd SEASON
風のスティグマ(聖痕)
CANAAN(カナン)
神様はじめました
神様はじめました◎
艦これ ー艦隊これくしょんー
ガンスリンガーストラトス
ガーリッシュ ナンバー
キズナイーバー
寄生獣 性の格率
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
君のいる町
君の名は。
ギルティクラウンーGUILTY CROWー
GANGSTA. (ギャングスタ)
91Days
境界の彼方
キングダム ーKINGDOMー 第1シリーズ
キングダム ーKINGDOMー 第2シリーズ
空戦魔導士候補生の教官
クオリディア・コード
クズの本懐
グラスリップ
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
ケイオスドラゴン 赤竜戦役
けいおん
競女!!!!!!!!
GATE 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり
血界戦線 
月刊少女野崎くん
聲の形
小林さんちのメイドラゴン
CODE:BREAKER
コードギアス 反逆のルルーシュ
コードギアス 反逆のルルーシュR2
コードギアス 亡国のアキト 
極黒のブリュンヒルデ
ココロコネクト
この素晴らしい世界に祝福を!
この素晴らしい世界に祝福を!2
ゴールデンタイム
これはゾンビですか?
これはゾンビですか? OFTHEDEAD
斉木楠雄のΨ難
PSYCHOーPASS サイコパス
PSYCHOーPASS サイコパス2
最弱無敗の神装機竜
冴えない彼女の育てかた
坂本ですが?
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
さくら荘のペットな彼女
サマーウォーズ
3月のライオン
さんかれあ 
残響のテロル
[C]THEMONEYOFSOULAND
POSSIBILITY CONTROL
四月は君の嘘
実は私は
下ネタという概念が存在しない退屈な世界
Charlotte(シャーロット)
灼眼のシャナ
灼眼のシャナII(セカンド)
灼眼のシャナIII(Final)
銃皇無尽のファフニール
Steins;Gate-シュタインズ・ゲート-
終末のイゼッタ
純潔のマリア
食戟のソーマ
食戟のソーマ 弍ノ皿
ジョーカーゲーム
SHIROBAKO
進撃の巨人
真剣で私に恋しなさい!
新妹魔王の契約者
新妹魔王の契約者 BURST
翠星のガルガンティア
ストライク・ザ・ブラッド
聖剣使いの禁呪詠唱
星刻の竜騎士
聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサーII
精霊使いの剣舞
セイレン
絶園のテンペスト
selector infected WIXOSS
装神少女まとい
続 夏目友人帳
ソードアート・オンライン
ソードアート・オンラインII
Darker than BLACK -黒の契約者-
DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
TIGER & BUNNY
タイガーマスク
タイガーマスクW
対魔導学園35試験小隊
だがしかし
だから僕は、Hができない。
タブー・タトゥー
TARI TARI
ダンガンロンパ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃〜
中二病でも恋がしたい!
中二病でも恋がしたい!戀
憑物語
ディーふらぐ!
Dimension W
デート・ア・ライブ
デート・ア・ライブII
デス・パレード
デッドマン・ワンダーランド
亜人ちゃんは語りたい
デュラララ!!
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 転
デュラララ!!×2 結
テラフォーマーズ
テラフォーマーズリベンジ
伝説の勇者の伝説
電波女と青春男
電波教師
とある魔術の禁書目録
とある魔術の禁書目録II
とある科学の超電磁砲
とある科学の超電磁砲S
東京ESP
東京喰種 トーキョーグール
東京喰種 トーキョーグール√A
東京マグニチュード8.0
東京レイヴンズ
true tears(トゥルー・ティアーズ)
咎狗の血(とがいぬのち)
図書館戦争
となりの怪物くん
とらドラ!
To LOVEる-とらぶる-ダークネス
トリアージX-イクス-
TRICKSTER
トリニティセブン
曇天に笑う
凪のあすから
夏目友人帳
夏目友人帳 参
夏目友人帳 肆
夏目友人帳 伍
七つの大罪
NO.6 - ナンバーシックス -  
ニセコイ
ニセコイ:
偽物語
NEWGAME
ぬらりひょんの孫
ぬらりひょんの孫 千年魔京
猫物語(黒)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
ノーゲーム・ノーライフ
のうりん
信長協奏曲 -のぶながコンツェルト-
ノブナガ・ザ・フール
ノブナガン
ノラガミ
ノラガミ ARAGOTO
ハイキュー!!
ハイキュー!! セカンドシーズン
ハイスクールD×D
ハイスクールDxD NEW
ハイスクールDxD BorN
灰と幻想のグリムガル
鋼の錬金術FULLMETALALCHEMIST
白銀の意思 アルジェヴォルン
バクマン。
バクマン。2
バクマン。3
はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)
化物語
バケモノの子
BACCANO!(バッカーノ)
はたらく魔王さま!
バディ・コンプレックス
花咲くいろは
花物語
ハマトラ
HUNTER×HUNTER 2011
東のエデン
棺姫のチャイカ
棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
ビッグオーダー
響け!ユーフォニアム
響け!ユーフォニアム2
氷菓
秒速5センチメートル
Phantom~Requiem for the Phantom~
風夏
Fate/Grand Order‐First Order‐
Fate/Zero -フェイト/ゼロ-
Fate/stay night -UBW- 1st
Fate/stay night -UBW- 2nd
不機嫌なモノノケ庵
BTOOOM!
舟を編む
プラスティック・メモリーズ
BLACK CAT
ブラック・ブレット
BLACK LAGOON(ブラックラグーン)
Bloodivores
ブラッドラッド
Free!
Free!-Eternal Summer-
監獄学園-プリズンスクール
ブレイクブレイド
文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス 第2クール
ヘヴィーオブジェクト
僕だけがいない街
北斗の拳
僕のヒーローアカデミア
僕は友達が少ない
僕は友達が少ない NEXT
僕らはみんな河合荘
星を追う子ども
蛍火の杜へ
マギ
マギ2期
正宗くんのリベンジ
機巧少女は傷つかない(マシンドール)
魔弾の王と戦姫
魔法科高校の劣等生
魔法少女まどか★マギカ
魔法戦争
迷家‐マヨイガ‐
まよチキ
未確認で進行形
未来日記
無彩限のファントム・ワールド
もっとToLOVEる-とらぶる-<物語>シリーズ セカンドシーズン
モブサイコ100
モモキュンソード
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
ユーリ!!! on ICE
幼女戦記
ヨルムンガンド
落第騎士の英雄譚
ラストエグザイル-銀翼のファム-
ラブライブ!
ラブライブ! 第2期
ラブライブ!サンシャイン!!
乱歩奇譚 Game of Laplace
Re:ゼロから始める異世界生活
リトルバスターズ
リプライ ハマトラ
ルパン三世(2015)
龍の歯医者
RAINBOW 二舎六房の七人
RDG レッドデータガール
れでぃ×ばと!
ログ・ホライズン
ログ・ホライズン 第2期
六花の勇者
ROBOTICS;NOTES -ロボティクス・ノーツ-
WORKING!!
WORKING’!!
WORKING!!!
ワールドトリガー
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
ワルキューレ ロマンツェ
ワンパンマン

2017春アニメおすすめランキング【今期春アニメの覇権を予想!】

f:id:x-goblin:20170129005025j:plain
こんにちは、奈倉です!

豊作な2017冬アニメに続き、2017春アニメも大人気P.A.WORKSのお仕事シリーズ(働く女の子シリーズ)や人気ライトノベル原作アニメと期待できるアニメが盛りだくさん。特にライトノベル原作に至ってたはなんと7作もあります。

というわけで今回は、2017春アニメのpv等を見て、期待できそうなアニメを僕の独断と偏見のランキング形式で紹介していきます!


スポンサーリンク



 ※随時更新

2017春おすすめ新作アニメ

続編アニメ以外の作品を紹介していきます。

第12位 : クロックワーク・プラネット

あらすじ

〈クロックワーク・プラネット〉 - 今から1000年前、地球の寿命が突然発表された。それから100年後、地球は死の星となった。だが、ある人物により、寿命を迎える前に全てのものが歯車によって再現・再構築されたことにより、人類は生存することができていた。しかし、歯車によって人類は生存できている一方で、破綻と延命といった犠牲を強いることが日常となり、人類は1000年もの間、何も変われずにいた。そんな惑星に暮らしている見浦ナオトの家に、ある日突然一つの箱が落下してくる。その箱に入っていたのは一体の自動人形・リューズだった。そして、二つの出逢いによって運命の歯車は回り始める。(Wikipediaより)

公式サイト
クロックワーク・プラネット 公式ホームページ|TBSテレビ

ラノベ文庫
クロックワーク・プラネット|ラノベ文庫

「ノーゲームノーライフ」の榎宮祐さんと暇奈椿さんという方の合作。「このライトノベルがすごい! 2014年版」では作品部門ランキング13位、新作部門3位にランクイン。「ノーゲームノーライフ」好きとしては期待したい作品です。

キャラに関しては、主人公は落ちこぼれだけど機械に関しては天才レベルの腕前をもっているという、ある意味テンプレな偏った才能をもつキャラで、ヒロインは超がつくほどの毒舌家。

ちなみに現在、ラノベ文庫のホームページにはクロックワーク・プラネットの特設サイトが公開されており、壁紙のダウンロードや小説1巻 第2章までの試し読みが可能なので気になる方はぜひ!!



第11位 : 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

あらすじ

舞台は、地上を正体不明の怪物である〈獣〉たちに蹂躙され、人間を含む多くの種族が滅ぼされた後の世界。かろうじて生き残った種族は地上を離れ、浮遊大陸群(レグル・エレ)と呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしている。
地上が滅びる前の戦いで石化し、一人だけ死を逃れた準勇者(クアシ・ブレイブ)ヴィレム・クメシュは、500年後の空の上で目を覚ます。守りたかったものを守れず、それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望や莫大な借金から世捨て人のような生活を送っていた。が、グリックの好意から始めた兵器管理の仕事の中でクトリら妖精兵たちと出会う。
妖精兵は、使いまわしの効く超兵器である遺失兵装(正体はかつて人間の勇者が使っていた聖剣)を与えられ戦場に送り込まれる、使い捨ての兵器だった。そのことを知ったヴィレムは、世捨て人であることをやめ、いま自分にできることを探し始める(Wikipediaより)

公式サイト
[スニーカー文庫公式サイト]ザ・スニーカーWEB

・タイトルどおり終末を感じさせる作品で「このライトノベルがすごい!2016」では新作部門2位、作品部門5位にランクイン。

ただのファンタジーではなくとても設定が深い作品なので、かるく観たいという方にはあまりおすすめできない作品ですが、深い設定などを楽しみたい方はとてもおすすめです!

ちなみに現在、公式サイトにて1巻の155ページと半分以上のページが立ち読み公開中なので気になる方はぜひ!!



第10位 : GRANBLUE FANTASY The Animation

あらすじ

ここは、空に多くの島が漂う、空の世界。神秘を奉る島ザンクティンゼルに暮らす少年・グランと一緒に暮らす相棒のビィは、ある日、空から落ちてきた少女・ルリアと出会う。ルリアは、この空の世界を強大な軍事力によって支配しようとする軍事国家・エステル帝国から逃れてきたのだった。グランとルリアは、帝国から逃れるため、そしてグランの父が残した「星の島イスタルシタで待つ」という手紙を手に、壮大な空へと旅立つ。(公式サイトより)

公式サイト
http://anime.granbluefantasy.jp/sp/

・ユーザー数1000万人超の超人気ゲーム「グランブルーファンタジー」のアニメ化作品。本来は1月の2017冬アニメで放送する予定でしたが2017春アニメに延期されました。

作画に関しては2017冬アニメのゲーム原作アニメ「チェインクロニクル」といい、ゲーム原作アニメのキレイな作画には期待できそうです。

また、特別先行放送を見る限り、まさに剣と魔法のファンタジーな世界観のアニメなので、ファンタジーアニメが好きな方には是非ともおすすめしたいアニメです!



第9位 : 王室教師ハイネ

あらすじ

“王室教師”それは王子を教育する専属家庭教師であり、国中から選りすぐられた最高の教師のみに与えられる役職。グランツライヒ王国に王室教師として招かれたハイネ・ヴィトゲンシュタイン。次期国王候補を育て上げることを命じられるが、王宮でハイネの目の前に現れたのは、揃いも揃って超個性的な4人の王子!しかも、4兄弟! 前任の王室教師全てが、手に負えず逃げ出した4王子に挑むハイネの教育方法とは…?(公式サイトより)

公式サイト
TVアニメ「王室教師ハイネ」公式サイト

・pv的には何かしら問題?のある個性的なイケメン王子たちを子供みたいな教師が教育する感じのアニメ。子供だとナメられてる教師がイケメン王子達をどう教育していくのかが見ものです!

そして何より登場人物たちは皆、イケメン(定評)なのでイケメンキャラを見たい方にもおすすめなアニメです!


第8位 : 恋愛暴君

あらすじ

ある日突然、男子高校生・藍野青司のもとに任意の二人を強制的にキスさせるという不思議アイテム「キスノート」を持った死神風の少女・グリが現れ、“24時間以内にキスしないと書いた者(グリ)は死に、書かれた者(青司)も一生童貞のまま生涯を終える”と告げ・・・。
愛のキューピット(?)グリと青司とその仲間たちが“キスをする相手”を求めて繰り広げるハイテンションラブコメディにあなたもきっと恋がしたくなるは(!?)。

公式サイト
TVアニメ「恋愛暴君」公式サイト

・かなりぶっ飛んだ設定のハイテンションラブコメアニメ。ヒロインはみんな可愛く普通に平均以上です。これは個人的な意見ですが、アニメキャラの八重歯ってすごい魅力ですよね(笑)

また、ストーリーとしては主人公ウハウハのハーレム展開が予想されるので、ハーレム好きにはたまらない作品ですね。ちなみに、僕は別にハーレム好きではありませんww


スポンサーリンク



第7位 : サクラダリセット

あらすじ

住人の半数が特別な能力を持つ街、咲良田(さくらだ)。能力者の監視を行う「管理局」の下、住人は平和に暮らしていた。「目の前の人の涙を消したい」、「誰かに声を届けたい」。そんな優しい細やかな“願い”とともに、この街の能力は生まれていった。過去に体験したすべての記憶を思い出すことができる「記憶保持」の能力を持つ浅井ケイと、〝世界を最大3日分巻き戻す能力〟「リセット」を持った春埼美空。彼女自身も、「リセット」の影響を受け、記憶を失ってしまうが、どんなことも決して忘れることのないケイと力を合わせることで、二人は過去をやり直し、現在(いま)を変えることができる-。しかし、その二人にもやり直せない“過去”があった。それは、二年前に同級生の相麻菫を「リセット」の影響で失ってしまったこと。二人は「奉仕クラブ」という部活に所属し、生徒たちの様々な依頼をこなす日々を送りながら、相麻菫を生き返らせる方法を探っていた。そんな彼らのもとにある依頼が舞い込む-「死んだ猫を生き返らせてほしい」。過去に起こった“悲しみ”を消すために、少年と少女は時を駆け巡り、世界を変えていく-(公式サイトより)

公式サイト
アニメ「サクラダリセット」公式サイト

世界を三日間分巻き戻す能力を持つヒロイン(記憶も巻き戻る)と、その事を唯一記憶する主人公という、とても魅力的な設定のアニメ。

青春SFラブストーリーと色々な要素が詰まっていますが、作品全体において異能力を使ったバトル要素などはないようです。

ちなみに、原作ライトノベルからのアニメ化だけではなく、2017春には前編、後編の二部作にて映画化(全国ロードショー)が予定されています。



第6位 : 武装少女マキャヴェリズム

あらすじ

自由を愛する高校生・納村不道が転校してきた愛地共生学園では、武装した女子達による無慈悲な男子支配が行われていた!納村は転校早々、学園を統率する「天下五剣」の一人で「鹿島神傳直心影流」の使い手・鬼瓦輪に目を付けられ、粛清対象として勝負を挑まれることになるのだが…。武装少女達に「無刀」で抗う納村不道の運命は!?そして彼との因縁を匂わす謎多き女帝・天羽斬々の秘密とは!?(公式サイトより)

公式サイト 
武装少女マキャヴェリズム|KADOKAWA 

・自由を求めし主人公が繰りなす学園反逆バトルアクション。主人公はかなりの強さみたいなので、ストーリーとしては序盤から俺TUEEE展開するみたいです。

また、あらすじからも予想されますがハーレム展開もあり、ハーレムに至るまでのヒロイン攻略のテンプレロードを歩んでいきます。もちろん、ツンデレヒロインや、お色気系アクシデントもあるようですフフフ(ゲスガオ)

ちなみにメインヒロイン鬼瓦輪役の"高田憂希"さんは「NEWGAME !」の涼風青葉役です。



第5位 : エロマンガ先生

あらすじ

高校生兼ラノベ作家の和泉マサムネには、引きこもりの妹がいる。和泉紗霧。一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。そんなある日、衝撃の事実がマサムネを襲う。彼の小説のイラストを描いてくれているイラストレーター『エロマンガ先生』、その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ!一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』をしのぐ魅力的なキャラクターが多数登場!ライトノベル作家の兄と、イラストレーターの妹が織り成す、業界ドタバタコメディ!(公式サイトより)

公式サイト
エロマンガ先生 | アニメ公式サイト

・主人公が15才にしてそこそこなラノベ作家、そして同居している引きこもりの義妹が実は自分の作品のイラストレーター「エロマンガ先生」だったというぶっ飛んだ設定のアニメ。

また「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」コンビがおくる新シリーズで、前作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」に続き兄弟(義理)モノという事でかなり期待できるアニメなので、兄弟モノが好きな方にはぜひともおすすめしたいアニメです!



第4位 : ロクでなし魔術講師と禁忌教典

あらすじ

1年間無職を続け、家主であるセリカのすねをかじり続けていた青年グレンだったが、ついに痺れを切らされて、強制的にアルザーノ帝国魔術学院の非常勤講師として働くこととなる。初めは仕事を早く辞めたいと願い、やる気のない授業を繰り返すが、生徒の一人であるルミアの頑張りを見たことで「ほんの少しのやる気」を出し、学生たちがそれまで学んだことのないような授業を行うようになる。それまで評判は最悪だったが、一躍して人気の講師となった。そんな中、政府と敵対する魔術結社「天の智慧研究会」が学院を襲い、グレンは戦いに巻き込まれていく。(Wikipediaより)

公式サイト
TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」公式サイト

・まさに石鹸枠なアニメ。タイトル通りロクでなしな主人公(教師)の秘めたる魅力にヒロイン達が気づき。キャッキャウフフのハーレム展開に発展という感じではありますが、戦闘中心の展開は見ていて楽しそうです!王道なハーレムモノが好きな方には、ぜひともおすすめしたいアニメです!

似たようなアニメとしては、同じく主人公が教師のアニメ「空戦魔導士候補生の教官」があげられます。正直、「空戦魔導士候補生の教官」は(ヒドかった)微妙だったので「空戦魔導士候補生の教官」よりは断然、面白い作品だと思います!



第3位 : サクラクエスト

あらすじ

東京には何でもあって、きっと特別な何かになれるのではないかと夢みて、30社以上の面接を受けるも、未だに内定はない。銀行の残高は920円。このままでは、田舎帰って普通のおばさんになってしまう・・・と葛藤していたそんなある日、以前、一度だけ働いたことがある派遣事務所から、「地域の町おこしの一環で国王をやってほしい」との依頼がある。よくわからないが軽い気持ちで依頼先の間野山市に向かうことにした。一時的に日本中でブームになるも、バブル崩壊に合わせて今ではほとんど見ることの無くなったミニ独立国。間野山市は、今なおミニ独立国を続けている、廃れて残念な残念観光地だった。そんなこんなで、由乃の”普通じゃない”お仕事生活がはじまった。(公式サイトより)

公式サイト
TVアニメ「サクラクエスト」公式

・大人気アニメ「花咲くいろは」「SHIROBAKO」に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ(働く女の子シリーズ)の第3弾。前作との違いは、リアルに業界をえがいた「花咲くいろは」や「SHIROBAKO」と違い「サクラクエスト」では、仕事が国王様と少しファンタジー色が入ったというところです。

似たような要素のあるアニメとしては、同じく復興させる系の「天城ブリリアントパーク」がありますが、クオリティは「サクラクエスト」の方が高そうです。

僕としては、数ある業界界モノのアニメの中でもP.A.WORKSのお仕事シリーズ(働く女の子シリーズ)のクオリティは群を抜いてると感じるので、「サクラクエスト」にもかなり期待しています!高確率で今期の覇権を争いそうなアニメです。



第2位 : Re:CREATORS

あらすじ

人は、 その手で多くの物語を創造してきた。 喜び、 悲しみ、 怒り、 感動。 物語は人々の感情を揺れ動かし、 魅了する。 しかし、 それは傍観者としての感想にすぎない。 もしも、 物語の登場人物たちに“意思”があるとしたら、 彼らにとって、 物語を産みだした我々は神の存在なのだろうか? ――我らの世界に変革を。 ――神々の地に制裁を。 「Re:CREATORS」 誰もが皆、 《創造主(クリエイター)》になる。(公式サイトより)

公式サイト
Re:CREATORS(レクリエイターズ)

・「BLACK LAGOON」で知られる漫画家・広江礼威さんと「Fate/Zero」「アルドノア・ゼロ」でお馴染みのあおきえい監督の、オリジナルテレビアニメ。

3作品ともカッコいいバトルアニメで、それだけでも期待できますが、「進撃の巨人」や「七つの大罪」、「青の祓魔師」の音楽担当"澤野弘之"さんという事で、期待が倍増です!特にバトルシーンに流れる澤野弘之さんの音楽はカッコよく、かなりアツいので注目です!!

澤野弘之さんの歌はこちらから!
澤野弘之 - YouTube



第1位 : ゼロから始める魔法の書

あらすじ

教会暦526年─。世界には魔女がいて『魔術』が普及していた。そして、世界はまだ『魔法』を知らなかった。そんな時代、人々に”獣堕ち”と蔑まれる半獣半人の傭兵がいた。日々、魔女にその首を狙われ、人間になることを夢見る彼だったが、ある日森で出会った美しき魔女がその運命を変える。「─戻りたいのか? 人間に。だったら傭兵、我輩の護衛になってくれ」ゼロと名乗る魔女は、使いかた次第で世界を滅ぼす可能性すらある魔法書【ゼロの書】を何者かに盗まれ、それを探す旅の途中だという。 傭兵は、ゼロの力で人間にしてもらうことを条件に、大っ嫌いな魔女の護衛役を引き受けるのだが、禁断の魔法書をめぐって人々の思惑が絡み合い……。気高き魔女と心優しき獣人による極上ファンタジー(公式サイトより)

公式サイト
TVアニメ『ゼロから始める魔法の書』公式サイト

第20回電撃小説大賞における大賞受賞作。"世間知らずな魔女と獣の傭兵の魔導書ファンタジー"ということで、まさに剣と魔法のファンタジーな異世界モノ。

個人的には、こういうある意味王道?な異世界アニメが好きなので第1位にしました。
pvから伝わるとおりヒロインは可愛く、バトルシーンもアツくとかなり面白そうなアニメです!

またライトノベルのカスタマーレビューでは、

昨今のライトノベルは最初から無駄に強すぎたり意味もなくモテたり才能にかまけたりと、いわゆる努力や過程を軽視するきらいがあったので、ヒロインに愛想よく尻尾を振るような所謂『八方美人』ではない主人公に興味を持ちました。
と評価されており、ハーレムアニメの主人公が嫌いな(←嫉妬)僕としてもなかなか主人公に好感が持てそうです。



2017春おすすめ続編アニメ

ここからは続編アニメです。一期を見てない方はぜひそちらをご視聴ください。


スポンサーリンク



第5位 : 冴えない彼女の育てかた♭

公式サイト
TVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』公式サイト

・オタク主人公が美少女だけどキャラが立ってないヒロインを、最高のヒロインにすべく奮闘するアニメ「冴えない彼女の育てかた」の二期。一期はちょうどこれから!というところで終わったのでその続きが描かれるのでしょうか。

「冴えない彼女の育てかた」はとにかくヒロインの可愛さが他のアニメとは桁違いなので、それだけでも見る価値はあります!



第4位 : 進撃の巨人 Season 2

公式サイト
TVアニメ「進撃の巨人」Season 2公式サイト

・巨人と人類の存亡をかけた戦い。アニメ「進撃の巨人」の二期。バトルシーンでは、立体的な動きでアツくさせられます。

また、作画については賛否両論ありますが、「進撃の巨人」の圧倒的な世界観のまえでは問題にならないレベルだと感じています。ただ、一期を視聴された方は分かると思いますがグロいシーンが苦手な方にはあまりおすすめできないです。
 



第3位 : 僕のヒーローアカデミア(第2期)

公式サイト
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』

・ジャンプの次期看板作で、王道バトルアニメ「僕のヒーローアカデミア」の二期。

体育祭編は個人的にかなり好きなので、アニメでのアツい戦闘シーンを期待しています。

「僕のヒーローアカデミア」はどの登場人物たちも、キャラが立っていて魅力的で、特に耳郎響香が可愛い。
f:id:x-goblin:20170205005708j:plain



第2位 : ソード・オラトリア

公式サイト
アニメ「ダンまち」シリーズ公式サイト

・本編「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に登場するアイズ・ヴァレンシュタインを主人公としたもう1つの物語。例えるなら「とある魔術の禁書目録」に対する「とある科学の超電磁砲」

また「ソード・オラトリア」はアイズ・ヴァレンシュタインが所属するロキ・ファミリアの仲間たちも描かれるという事で、ロキ・ファミリアのキャラ達が好きな僕としてはかなり楽しみです。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を別視点からも楽しみたい方には是非ともおすすめしたいアニメです!



第1位 : 夏目友人帳 陸

公式サイト
アニメ 夏目友人帳 公式サイト

・大人気「夏目友人帳」シリーズの六期。基本、1話完結の作品なので「夏目友人帳 陸」からでも楽しむ事はできますが、一期からのほうが主人公の成長を感じることができます。

「夏目友人帳 伍」に続き、すぐに続編がでてくれるのはファンとしては嬉しい事です。

「夏目友人帳」は男女ともにおすすめできるアニメで笑える話、泣ける話、とメリハリがあり見ていて楽しいです。ちなみに、僕的に1番感動する話は三期の4話「幼き日々に」です。マジで泣きます。



最後に

2017春アニメは前期(2017冬アニメ)と比べると、異世界などのバトルモノが多くラブコメ系が少ない印象です。なのでバトルモノが大好きな僕としては本当に楽しみなシーズンです。

覇権アニメとしては、ラノベ原作の中で一番期待している「ゼロから始める魔法の書」か、制作陣的にもかなり期待できるオリジナルアニメ「Re:CREATORS」になるのではないかと期待しています。

特に「Re:CREATORS」についてはPV からも伝わってきますが、音楽が神がかっているのでアツいバトルシーンが楽しみです!


という事で。以上、2017春おすすめアニメランキング【2017春アニメの覇権を予想!】でしたー☆


アニメを観るなら31日間の無料体験期間がある〈U-NEXT〉がオススメです!



〈U-NEXT〉では120000本以上の作品が登録されており、前期の2017冬アニメだけでも

「この素晴らしい世界に祝福を!」「ガウリールドロップアウト」「正宗くんのリベンジ」「幼女戦記」「銀魂.」「弱虫ペダNEWGENERATION」

など、他にも10作以上のアニメが登録されています。

また〈U-NEXT〉を使う大きなメリットとしては、

□広告がつかない

□キレイな画面

□違法性が一切ない

などが挙げられます。

そして、何より〈U-NEXT〉には動画サービスの無料体験期間が31日間もあるので気になる方はぜひ!
↓↓↓
アニメ観るなら<U-NEXT>



こちらの記事もどうぞ


1月の「運営報告」的なあれ

f:id:x-goblin:20170202010158j:plain

1月も終わったという事で1月の運営報告をします( ー`дー´)キリッ

※正直、需要のない気がするこの記事は僕がいわゆる"オオモノブロガー"に成り上がった時に「僕も昔はねぇ~」ってドヤ顔しながら話すために書く事にします(誰得)

それではっ!

運営報告開始!!

PV(Googleアナリティクス)

■25673


読者数

■37人


フォロワー

■119


※12月10日からこのブログはスタートしたので今回は先月とのPV比はなしで書いてます


・こんな感じです!まず最初に。
Googleアナリティクスとはてなブログとの間に多少の差はありますが、都合の良い方を見まして、2.5万をPV達成する事ができました。皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m

とはいえ、3万PVを目指していたので少し残念な気もします。ちなみに、1月の11日のPV減少は独自ドメインへの変更。1月19日からのPV減少は独自ドメインの設定ミスにより、独自ドメイン変更後の記事へのアクセスが出来なくなったためです。(←以上、みにくい言い訳でした)※参考写真
f:id:x-goblin:20170202080605j:plain


・フォロワーに関しては順調に増えていってる気がします。先日、Twitter上で名前のあとに"@はてなブログ"を付けるとフォロワーが増えるという情報が流れていたのでそのおかげかもしれません。



Googleアドセンス
f:id:x-goblin:20170202010749j:plain

・Googleアドセンスからの収益は無いです。Googleアドセンスの審査に無事、合格したと思いきや、まさかの独自ドメイン設定ミスによるサイトのダウンを指摘され不合格に。その後二次審査を再度受け直しますが、3日経ってもミスターGoogleからはシカトされてますヽ(`Д´)ノプンプン
  


Amazonアソシエイト
f:id:x-goblin:20170202163149j:plain

・Amazonアソシエイトの収益は極わすかで、ジュースにして数本分です。それも500mlの。コンバージョンは約1パーセントでした。印象的な出来事としては、僕のAmazonアソシエイト経由でカスタマーレビュー3.9を誇るオ○ホール(中身がリアルで達成感があるらしい )アダルトグッズを購入された方がいる事です。
カスタマーレビューを見ていると不覚にも購入しそうになりました。ちくしょうっ、いつか必ず…‥


最後に

やはり、「アニメ」というトレンド系の記事を書くなら上位キーワードでの1位を狙う必要性があると改めて感じました。感想系の記事ではまとめサイトには敵わなかったです(泣)運良く1ページに入った「オカルティックナイン」の記事たちのPVも来期には限りなくゼロに近くなると思いますし…
という事で、これからはある程度は安定した上位キーワードへ進出していきたいと思っています。手始めに「おすすめ アニメ」から←(無理)

それから余談になりますが、記事を書かない時間はひたすらライトノベルを読んでいました。特にリゼロのエクストラは二巻とも本当に感動で不覚にも泣きかけました!ホントにオススメです!!

以上、1月の運営報告でしたー☆

もーいくつねーるとーあどせんすー

奈倉とブログについて

はじめまして、当ブログ管理人の奈倉です。ここでは、このブログと僕についてアツく(?)語っていきます\(^o^)/

奈倉について

名前 : "奈倉"と書いてナクラと読みます

今至るまでの僕の話

幼稚園時代
幼稚園の頃はよく「ドラえもん」を見ていたせいか、見事にのび太化。のび太化した僕は園内でよく泣かされていたらしく、それに気づいた両親は直ぐに「ドラえもん」を放送禁止に。
その日から僕はフルコンタクト空手を習いはじめ、知らず知らずのうちに「北斗の拳」と「タイガーマスク」を見るように両親から誘導されます。ちなみに「北斗の拳」で一番好きなキャラは"仁星のシュウ"です。
※シュウ
f:id:x-goblin:20170119015951j:plain


小学時代
家にゲームが一切なかった僕は非常にアクティブな生活をしていました。山村留学に行ったり、友人と遊ぶときも近所の公園や裏山が拠点で、今とは真逆な感じです(笑)一番の黒歴史は友人の母親にラブレターを送ったの事です。←実話


中学時代
中学二年生の後半にアニメ「僕は友達が少ない」と運命の出会いを果たします。今までほとんどアニメを見ていなかった僕ですが、その日からアニメデビュー。
「さくら荘のペットな彼女」に影響されて友人と深夜のプールに入ったりとしましたが、冷たいだけでした
※さくら荘のペットな彼女プール回
f:id:x-goblin:20170123212543j:plain


ブログについて

ブログを作った理由

2016秋アニメ「オカルティック・ナイン」の主人公がブロガーだったからです(←不純www)

ブログの内容

アニメ
 
雑記(おもしろい話←を書きたい)

ブログの運営報告


ブログの方針

いろいろジャンルはありますが、主にアニメ記事を書いていきます。


アニメの話

とにかくアニメが好きで、基本的に毎期15本くらいは見てます。好きなジャンルはバトルアニメで、ヒロインはショートカット派です!!


最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございます。これからも日々、進化していく僕を見てくれるとありがたいですww
という事で以上、僕の自己紹介でした〜☆


※読者登録よろしくお願いします↓

読者登録していただくと世界の何処かで、高校生が奇声を上げて喜びます!!


プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら(広告 – ポリシーと規約 – Google)をクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら(Terms of Service | Google Analytics – Google)をクリックしてください。